研修で得たことを実践に移す
ホーム > 研修で得たことを実践に移す

研修で得たことを実践に移す


社員に対する研修を行っている企業からよく聞く話に、
「研修は行っているが、学んだことを実践に移している社員はほとんどいないですよ」
というものがあります。

そこで
「受講者が実践に移すために、どのようなことを行っていますか?」
「どのようなフォローをしていますか?」
と尋ねると、
「実行したことをレポートで提出させてます」
という答えが多く返ってきます。
まれにですが
「本人のやる気次第だから、しょうがないですね」
といった答えが返ってくることもあります。

「せっかく時間と費用をかけて研修を行っているのに、もったいない・・・」といつも感じます。
これでは「研修を行うこと自体が目的」となってしまっており、
受講者も「レポートを提出することが目的」となってしまっています。

研修で最も大切なことは「研修後の受講者へのフォロー・アップ」です。
この部分にどう力を注ぐかが、研修効果を上げていくポイントになってきます。
「研修を行うことの本当の目的」を見失わないよう、大切に社員を育てていきましょう。

□  研修後のフォローアップ


株式会社マイセルフ 
篠田 徹也